にこり整体整骨院トップページ > 筋肉と関節の専門家ブログ > 骨粗鬆症と変形性膝関節症

骨粗鬆症と変形性膝関節症

2020.03.23

交通事故専門ホームページ

こんにちは、

今回は女性に多い骨粗鬆症と変形性膝関節症についてのお話です。
まず、骨というものは一度できあがってしまうと、その後変わらないものではなく、古くなり劣化した骨は、メンテナンスされて新しい骨へと生まれ変わっていきます。 これが骨の新陳代謝、または、「骨のリモデリング(骨改変)」といいます。
健康な骨では、骨吸収(骨を壊す働き)と骨形成(骨をつくる働き)のバランスがつり合っています。
しかし骨粗しょう症の骨では、骨吸収がどんどん進んで骨形成を上回ってしまい、骨がスカスカしてもろくなってしまいます。
さて骨吸収と骨形成はホルモンのバランスによって保たれています。
骨吸収を進めるのはパラソルモン、骨形成を進めるのは女性の場合は、エストロゲンになります。
骨粗しょう症は特に女性に多い病気で、患者さんの80%以上が女性といわれている理由は。女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、骨の新陳代謝に際して骨吸収をゆるやかにして骨からカルシウムが溶けだすのを抑制する働きがありますが、
閉経期を迎えて女性ホルモンの分泌が低下しますと、急激に骨密度が減り、同年代の男性に比べて早く骨密度が低くなってしまうためです。
また、形性ひざ関節症の患者数も女性は男性の2倍近くいることがわかっています。
その理由としては、骨粗鬆症による骨の脆弱化があげられるます。また筋肉量とも関係があります。女性はそもそも男性と比べて、ひざのクッションとなる筋肉量が少なく、体脂肪率が高いことが挙げられます。
また女性は男性に比べて一般にQ角が大きい。
Q角が男性で15度以上、女性で20度以上になると膝の故障を起こしやすい、
Q角が増大すると、
内側広筋などの弱化により、外側広筋や大腿筋膜張筋が、膝蓋骨を外側へ牽引してしまうため膝蓋骨脱臼を起こす。
また、膝関節の運動に伴って関節面に大きな負担となり、関節軟骨が摩耗が進行し、変形性膝関節症の原因になります。
症状の改善には内側広筋(VMO)の強化による膝関節の安定化、外側広筋・大腿筋膜張筋のストレッチ等が有効です。
また、しっかりとした食事できちんと栄養を摂取する事も大事ですね。

現在地 整骨院

 

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0787335008

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒654-0051
兵庫県神戸市須磨区月見山本町2-5-18
診療時間
月・火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00,17:00〜18:40
(日祝日は通常営業)
定休日
アクセス
山陽電鉄月見山駅下車南へ徒歩1分、JR須磨海浜駅から徒歩8分

0787335008

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
骨折・脱臼(超音波治療機)
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
リンパマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
にこり整体整骨院通信
筋肉と関節の専門家ブログ
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー
系列院のご案内

/滝の茶屋商店街にあります\


/長田商店街内にあります\


/六甲本通商店街内にあります!\


/志染駅からスグ!\


/名谷駅の近く\


/深江の住宅街にあります\


/西神南駅の構内!\


/大津和下車で20秒!\


/玉津インター コーナン向かい\


/明石、西新町駅近く!\

にこり整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒654-0051
    兵庫県神戸市須磨区月見山本町2-5-18

  • 診療時間

    月・火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00,17:00〜18:40
    (日祝日は通常営業)

  • 定休日

  • アクセス

    山陽電鉄月見山駅下車南へ徒歩1分、JR須磨海浜駅から徒歩8分

エキテン口コミランキング1位
pagetop